学校生活 [ 部活動 ]

   ホーム  >  学校生活 [ 部活動 ] [ 文化部紹介(その2) ]
 文化部紹介(その2)

  文化部紹介 (その2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

部 活 一 覧

体育部紹介

文化部(その1)紹介

文化部(その2)紹介

部活動実績

 

 サイエンス部(地学班)

 サイエンス部地学班は、現在3年生1名、2年生3名、1年生1名の計5名で活動しています。平成28年度は、熊本地震における飯塚市とその周辺地域の震度と地質の関連について研究を行い県大会で発表しました。
日常的な活動は、太陽の観測、惑星や月の観測を行い、宇宙について色々と勉強しています。今後は、新しい研究テーマを設定し、観測や実験を行い、県大会出場を目標にしています。

 

 サイエンス部(物理班)

 サイエンス部物理班は、現在3年生2名、2年生1名の計3名で活動しています。物理班の最も大きな活動は、潤陵祭での「ピタゴラスイッチ」製作です。この取組は、今年で7年目を迎えます。附属中学生と協力してNHKに負けないピタゴラスイッチを1ヶ月以上かけて製作しています。その他にも、地域の理科実験教室にブースを出したり、毎年テーマを決めて研究するなど、自分のやりたいことができる部活動です。平成27年には数学甲子園の全国大会に出場しました。

 

茶道部

 茶道部は現在、1年生5名、2年生11名、3年生13名計29名で活動しています。6月に行われる潤陵祭では御茶会を催します。毎年たくさんのお客様に来ていただいています。7月には、飯塚市で行われる学生茶会に参加し、茶道の先生方や他の高校の茶道部の部員との交流も行っています。これからもおもてなしの心を大切にし、お稽古に精進して行きたいと思っています。

 

 書道部

 私たち書道部は、3年生14名、2年生16名、1年生10名の計40名で毎日和気藹々と一所懸命に活動しています。高文連の地区大会では5年連続で優勝しました。全国大会、九州大会にも毎年出場することができています。また、書のパフォーマンスにも力を入れています。毎年、本校の潤陵祭で練習を重ねたパフォーマンスを披露しています。昨年は筑豊地区高文祭の総合発表会で、そして今年度は福岡県高文祭総合開会式のステージに立つことになっています。充実した活動をこれからも続けます。

 

  新聞部

 新聞部は1年生2名、2年生8名の計10名で活動しています。一時期は部員が少ない時期もありました。しかし筑豊地区唯一の新聞部として、また平成28年度に創部以来初の全国大会出場もはずみとなり、現在の人数にまで増えました。6月の潤陵祭では企画新聞を展示します。昨年度大運動会の写真展や、熊本地震や博多駅前陥没事故、スペースワールド閉園等社会的事件を取材した新聞を展示。また秋には大運動会特集号、3月には卒業生特集号等の紙面作りで頑張っています。

 

 吹奏楽部

 吹奏楽部は、今年(2007)で創部86年目を迎えました。部員数は、高校生の約60名と附属中学生約30名を加えた約90名で、「清潔・礼儀・時間厳守」の部訓のもと、毎日元気よく活動しています。
創部は、学校創立30年目の1930年で、創部23年目の1953年に第1回目の定期演奏会を、また、1970年の創部40年目にして初の全日本吹奏楽コンクールへの出場を果たしました。
以来、今日まで全日本吹奏楽コンクールには16回、全日本高等学校選抜吹奏楽大会(浜松大会)には8回目の出場を、全日本アンサンブルコンテストには2016年度サクソフォン4重奏が出場するなど、計7回の出場を果たしています。また、本年(2017)8月仙台で行われる第41回全国高等学校総合文化祭への出場が決まっています。
 また、国際大会では、日韓親善高校吹奏楽演奏会、ウィーン世界青少年音楽祭、2000年には台湾国際音楽節に、2014年には第18回APBDA済州島大会などに出場しました。
 毎年9月末には、イイヅカコスモスコモンにて定期演奏会を開催しています。どうぞご来場ください。

 

  美術部

 私たち美術部は、3年生2人、2年生16人、1年生3人の計21人で毎日楽しく活動しています。
 美術部の一年間の取り組みは、大会と研修、そして潤陵祭の三つに大きく分けることができます。一年間の様々な活動を通して身に付けた力を活かし、一番大きな目標である「全国推薦をもらうこと」を目指して日々作品制作に励んでいます。
 平成28年度の夏休みには、文化勲章を受章された本校卒業生の野見山暁治先輩からスケッチ指導を受けることができ、大変貴重な体験ができました。美術部では、一年間を通して絵の知識を習得することはもちろん、絵が描けることへの感謝も学ぶことができます。

 

 文芸部

 嘉穂高校文芸部の活動は、昭和21年7月創刊の文芸誌「若竹」から始まりました。現在、2年生3名、1年生2名の計5名で活動しています。昨年度は県大会に散文の部門で出品することができました。今年度は、散文、部誌、詩、俳句の部門に出品し、全国大会を目指していきたいと思います。毎年、潤陵祭(文化祭)で、部誌の「硬(ぼた)」を無料配付しておりますので、興味のある方はぜひ文芸部へ来てください。

 

 放送部

 放送部は、現在1年生3名、2年生3名、3年生6名の合計12名で毎日活動しています。平成28年度は放送部の甲子園であるNHK杯全国高校放送コンテストアナウンス部門で3年生男子が優良賞(5位相当)を受賞しました。また部活動全体でも県大会で優勝するなど、好成績を残しました。中学校での放送部経験者はもちろんですが、高校に入って始める生徒も楽しんで活動しています。

 
 ホーム